【ブログ】Mリーグ2021 レギュラーシーズン終了!感想や注目していた選手について

ついに、Mリーグ2021のレギュラーシーズンが終了となりました!

Mリーグは2018年に発足した団体戦リーグで、AbemaTVにて生放送されます。

私自身は、今年から見始めた新参者ですか、もう4年目になるんですね。

今回は、そんなMリーグの感想なんかを書いてみようと思います。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

レギュラーシーズン成績

まずは、レギュラーシーズンの成績に触れておきましょう。

詳細は、以下の公式ホームページをご覧ください。

 

残念ながら「雷電」と「ドリブンズ」は、レギュラーシーズンにて敗退となりました。

特に「雷電」の麻雀は面白いので、暫く見れなくなるのは寂しいですね…

それ以外の通過チームは、大きな点差はありません。

セミファイナルを通過するチームがどこになるか、全く分からないので、今から楽しみです!

Mリーグの感想と魅力

Mリーグは今年から見始めましたが、かなり面白く、その要因は、実況・解説にあると思います。

従来の麻雀放送は、ボソボソ実況して、ボソボソ解説していることが多いので、見ていてすぐ飽きていました。

一方で、Mリーグの実況・解説は、良い意味で「うるさい」です。

盛り上がりを作るのが、めちゃくちゃ上手いので、見ていて飽きづらく、熱くもなれます。

Mリーグには、熱狂を外へ伝えていきたいという思いもあり、初心者の方でも盛り上がれるリーグ戦になっているのかなと思っています。

注目していた選手

雷電メンバー

アカギの声を担当した俳優「萩原選手」、超面前派「黒沢選手」、劇的な展開で最強位となった「瀬戸熊選手」、期待のルーキー(イケメン)「本田選手」。

話題になることが多い「雷電」なので、開幕から自然と注目していました。

私とは違う打牌選択が多く見られるチームだったので、見ていて面白かったです。

まさしく面白い麻雀を見せてくれる「雷電」。次回のMリーグでの活躍を期待しています!

松ヶ瀨隆弥 選手

もともとは、「会社の先輩社員と雰囲気が似てるなー」という安易な理由から注目していましたが、打ち筋を見て、更に注目度が上がりました。

特に「打点」については、取りこぼさないように、ギリギリまで見ている印象があります。

私自身も打点を見るのが好きなので、松ヶ瀨選手の打ち筋に好感を持てました。

 

以下の記事を読むと、結果を出さないといけない状況などが理解できるので、より応援したくなりました。

松ヶ瀨選手の今後の成績に期待したいです。

勝又健志 選手

雷電メンバーと松ヶ瀨選手については、開幕当初から注目していたのに対し、勝又選手は、対局を見ている内に注目するようになりました。

ターツ選択をする際は、「最終形の良さ」や「見た目の残り枚数」で判断するのが普通です。

一方で勝又選手は、「アガり易さ」や「対戦相手からの見え方」にも注意してターツ選択しています。

そういった、目に見え辛い評価基準を信じて、それと心中できる雀風は、とても格好良く思います。

例えば、上の画像の牌姿で「14sではアガり辛そうで、マンズがアガり易そう」と判断したとして、ソーズを払える人は多くないのではないでしょうか。勝又選手は、ここからソーズを外していきました。

「テンパイ」ではなく「アガり」を見つめ続けている姿勢に、痺れましたね。

おわりに

これまで、他人の試合をほとんど見てこなかったため、それぞれがそれぞれにとっての最善手を打って、こうも個性が出るものかと驚きました。

Mリーグには、いろんな選手がいて、いろんな打ち筋が見られます。

自分と似た選手に注目するも良し、自分と違う選手に注目するも良し。

注目する選手を見つけて、是非、Mリーグで応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました