【雀魂】油断禁物!私が感じた金の間のレベル感について

雀傑と雀豪が争う「金の間」のレベル感について、疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

麻雀に詳しい方からすると、不可解な挙動も見られたと思います。

 

そこで、今回、私が感じた金の間のレベル感についてまとめてみました。

完全に主観なので、参考程度にご覧ください。

なお、雀豪まで東風戦をメインに打っていたため、「東風戦」の話になります。

 

本記事は、なるべく不快に感じる方が少ないように配慮して書いています。
もし、不快に感じられる方がおられましたら、申し訳ございません。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

金の間のレベル感

レベル感の概要

金の間の東風戦のレベル感をまとめると、「ルールを覚えたてのレベル」です。

一通りの役を覚え、回線切りはほとんどしない、雀士としてスタートラインに立った感じです。

 

ただ、単に打数が少ないだけの隠れ強者も混ざっていますので、油断は禁物です!

リーチへの押し引き

リーチに対しては、かなり押し気味です。中張牌のドラも平気で切られます。

こちらのアガりにとっては嬉しいですが、相手を降りさせる効果を期待したリーチは、その効果をやや低く見るべきです。

仕掛けへの押し引き

高そうな仕掛けにも、降りない方が多いです。

ドラ役牌を鳴いても、結構ロンアガりできました。役牌の後付けも同様に、容易な印象です。

警戒されることを恐れずに、ドラポンも積極的にして問題ないことが多かったです。

 

反対に、相手に警戒させるための鳴きは効果はないので、注意が必要です。

カンが頻発する

カンが面白いのは言うまでもありません。

ただ、経験を積むにつれ、リスクが怖くなり、カンができなくなります。

一方、金の間においては、まだ面白さが評価されていました。

 

他家の予期せぬ打点アップがあります。

あっさり逆転の条件をクリアされないように、スピード感を持って対応したいですね。

金の間のレベルは天鳳の上卓程度?

はるか昔に天鳳をプレーしていた淡い記憶との比較になりますが、金の間は天鳳の特上卓には及びません。

最近プレーしている玉の間でさえ、天鳳の特上卓に及んでいるか疑問に感じています。

金の間は上卓程度のレベル感だと、天鳳プレイヤーはひとつ参考にしてみてください。

 

それでは、最後までありがとうございました!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
雀魂
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました