【雀魂ブログ】王の契約と直後の一戦

約2500ptを失う不調の中でも、失われないものがありました。

それは、雀士達との「好感度」です。

 

段位やポイントが上がったり下がったりと、虚無感すら覚えるこのゲームで、
確実に増やせることができ、唯一の心のオアシスとなるのが、この好感度。

そして、本日、無課金での契約にまでこぎつけました。

心を通わせた、私「蛙の王様」と鷲巣「闇の帝王」。

2人の王による、2500ptを奪い返す復讐劇の幕が上がる!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

契約直後の一戦の振り返り

さすがに降りた場面

場が大きく動かないまま迎えた東3局。

上家の親が、リャンメンをチーして、やや安牌の字牌を手出ししました。

ここまでのヒントが与えられたら、さすがに「降り」を選択します。

自身の打点は見込めるものの、スピードが圧倒的に間に合っていません。

上家はそこまで打点があるようには見えませんが、無駄な振り込みは避けていきます。

自分の手が1シャンテンくらいなら押したのになぁ、という場面でした。

 

ほどなく、上家が8pをツモって、500オール。出費を1/3に抑えました。

手組を迷った場面

相変わらずの平場で迎えた、東4局の親番。

第1ツモで約牌が重なり、アガりが見える手になりました。

ここでホンイツに向かう戦略が、某プロの影響で流行ってきている気がします。

ただ今回は、ブロックが足りない事と、
ドラが使いやすい5sで打点アップチャンスは今後もあると見込んで、打「北」としました。

 

速攻で北家に鳴かれ、持ってきたのは9s。

ブロックが足りたので、ここから掌返しのホンイツに向かいます!

 

鳴き散らかし全ツッパで、ツモ!

2700点オールの大きなアガりになりました。

ホンイツは強いよ…

何を切るか分からなかった場面①

局が進み、南1局。自身の手は1シャンテンになりました。

単純な受け入れは、3s切りが多いですが、
くだらないリーチは打ちたくない着順と巡目になっています。

ここでは、受け入れは少ないですが、1s(or 2s)切りのタンヤオが良いように思いました。

鳴いてテンパイ取れるのは、かなり大きいですね。

何を切るか分からなかった場面②

大きな点数移動がないまま、南3局となりました。

ドラ3の手で、絶対にアガりたいです!しかし一体何を切れば…

ここは、2sも十分アガりが見込めるため、受け入れMAXの7s切りで良いと思いました。

1s、3sを外す場合、ポンテンがあまりにも弱いです。

アガりへの実質的な受け入れが、5s、8sだけになると考えると、
1s、3sは外せませんね。

(実戦では3sを切りましたが)

終局

いよいよオーラス!アガればトップ!

すんなり鳴けて、トップを決めるテンパイ!

上家がピンズに染めてそうなので、愚形ながら期待しています。

 

全員テンパイの中、神は私をお選びになられました。

現在のポイント状況

契約直後の大事な一戦を勝利し、原点まで復帰しました!

契約した鷲巣がどこまでptを取り返してくれるのか、今後に期待します!

 

▼次回の雀魂ブログ

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
ブログ雀魂
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました