リーチのメリットとデメリットを正しく理解しよう!

テンパイ即リーは優秀な戦略です。ただし、上を目指すならダマも大切になります。

初心者の内は、テンパイ即リー!と言われますが、逆に言うと、即リー以外の選択をマスターすれば、脱・初心者ということです。

個人的には、上級者の中ランクまでは、即リーで良いと思っていますが、知識として知っておいても良いでしょう。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

リーチのメリット

打点が上がる(役がつく)

説明不要の最大メリットです。

リーチの1翻がつくだけでなく、一発や裏ドラなど、偶発役も期待できます。

リーチ以外に役がない時や、打点が欲しい時は、迷わずリーチしましょう。

相手を降りさせる

相手の手がまとまっていない序盤にリーチできると効果は抜群です。

(ただし、相手がかなりの初心者だと、完全に無視されることもあります。)

 

相手が下りると、その相手に振り込むことがなくなりますので、自分のアガり抽選だけを続けることができます。

攻める手を降りずに済む

相手がリーチをしてきたりすると、ついつい怖じ気づいてしまい、降りなくてもいい手まで降りてしまいます。

 

リーチをすることで、ある程度の打点を確保しつつ、最後まで押しきることができます。

これにより、押し引きの判断ができないうちは、どんどんリーチをした方が、良い成績になります。

リーチのデメリット

ツモ切りしかできない

相手がリーチをしてきても、自分が使えるドラを引いても、待ちが良くなる牌を引いても、切るしかありません。

これらで後悔することは、日常茶飯事ですね。

ロンアガりが難しい

相手に警戒され、ロンアガりが難しくなります。

特に使われづらい牌(1、9、字牌など)で待つ場合、ダマと比較するとアガりづらくなります。

場に1000点を出す

競っている終盤の局では、「1000点」は大事です。

麻雀は、100点でも得点が低ければ負けになる、シビアなゲームです。

闇雲なリーチには、注意が必要です。

メリットデメリットを加味した判断

3巡目に良い手をテンパイしました。

リーチしなければ、アゲれそうな1p待ち。

打点も十分で、役がつくメリットが薄い。

リーチのメリットより、デメリットが大きいため、ダマの選択が光る場面です。

その後は、期待が外れてアガれずに、他家のリーチ。

ここでの私の意見は、「変わらず、ダマをつづける」です。

 

他家リーチにより、出アガりが難しくなりましたので、ダマのメリットが薄れたものの、リーチのメリットも大して上がってはいません。

代わりに、ここではリーチの別のデメリットの「ツモ切りしかできない」が重くなります。

 

自身はトップ目であり、最後まで押しきる必要もありません。

リーチ者の危険牌を引いたときは降りたいため、ここでも、ダマを継続させます。

おわりに

麻雀は、メリットとデメリットを比較するゲームです。

リーチ判断についても、メリットとデメリットを意識して、自分の判断を下していきましょう。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
指南
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました