麻雀の答え「新 科学する麻雀」を読んでみた感想

一部の麻雀の答えは、シミュレーション結果から分かる時代になりました。

本書「新 科学する麻雀」では、対局中によく遭遇する場面に、
シミュレーション結果から、答えを提示します。

「どうすれば麻雀で勝てるのか分からない」という方には特に、
ダイレクトに参考になる内容になっています。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

筆者について

筆者は、「とつげき東北」さんという方です。

この方は、元ネット雀士で、麻雀プロの方ではないです。
(むしろ麻雀プロアンチ…!?)

2004年に発売された「科学する麻雀」がベストセラーを記録し、
麻雀を勉強する人の中に、知らない人はいないほど有名です。

 

それまでの麻雀は、とにかくあいまいで、
根拠のない戦術や流れ、状況によるとされることが普通でした。

そのような中で、大量のデータを使って答えを出したのが、
「科学する麻雀」です。

「新 科学する麻雀」は、その改訂版になります。

 

▼筆者の各種リンク集

書籍の基本情報

ここでは、ページ数や記載内容といった、書籍の基本情報を記載していきます。

本書の、サイズやボリューム感などの、参考にしてください。

基本情報

初版発行:2021年9月30日

ページ数:300ページ (目次等々を含みます。)

おおよそのサイズ:15cm×21cm×2cm(A5サイズ)

発行所:ホビージャパン

紙質:普通の印刷紙のような質感です。安っぽさは感じません。

色:カラー印刷です。暗めの色合いのため目が疲れません。

記載内容

麻雀の対局中に高確率で遭遇する、重要な局面について、
シミュレーション結果が提示されています。

その結果から読み取れることについては、文章化され、
各ポイントを読み進めるだけでも、十分効果が得られる内容です。

 

例えば、以下のような局面について解説があり、
巡目や自分の手の条件から、取るべき行動が示されています。

・役ありテンパイ時に先制リーチすべきか
・追っかけリーチすべきか
・リーチに対して1シャンテンから攻めるべきか
等々、全22テーマ

「新 科学する麻雀」をレビュー!

感想

実のところ、この本を読むことを恐れていました。

麻雀の全ての答えが載っていて、それらを覚えてしまえば、
麻雀がただの作業になるのではないかと思っていたからです。

しかし、その心配は要りませんでした!

 

本書では、多くの局面に対して、シミュレーション結果を提示しています。

「大差」で優劣が分かれている部分については、
麻雀の答えと捉え、実戦に用いることで問題ないと思います。

一方で、「微差」の選択も数多く残っており、
これは、場況によって選択が変わることを示しています。

 

麻雀の底が見えてしまうことを恐れていましたが、
結果として、麻雀の奥深さに呆然とすることになりました…

 

「大差」で優劣が分かれるポイントは、成績に直結する確かな技術です。

それを習得できる本書は、麻雀で勝ちたいのであれば、一読すべきです

対象の読者像

麻雀の「中級者」に対して、一番効果が高い書籍だと思います。

天鳳だと四~六段、雀魂だと雀豪~雀聖あたりでしょうか?

 

「上級者」は、既に知っているような内容が多い可能性がありますが、
復習や知識のアップデートには適していると思います。

 

「初心者」は、本書よりもっとシンプルな技術で戦うべきです。

以下の記事で、最低限知っておくべきことをまとめています。
(タイトルは雀魂というネット麻雀向けですが、内容は普通に麻雀です。)

注意点

本書内で述べられている「微差」の優劣は、覚えなくても良いと思います。

場況で結果が変わりますし、生きている内にプラスに収束するかも分かりません。

逆に、大差の部分は必ず抑えるぐらいに考えると、丁度いいと感じました。

おわりに

ここまで、「新 科学する麻雀」について解説してきました。

一部ではありますが、麻雀の答えが載っている書籍です。

「どうすれば麻雀で勝てるのか分からない」という方には特に、
ダイレクトに参考になる内容になっています。

個人的に、第1章は必読です!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
書評
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました