【最重要】麻雀における期待値の考え方を丁寧解説!

麻雀の学習をすると、必ず出てくる言葉に「期待値」があります。

麻雀の議論で、優劣をつけようとしているのも、この「期待値」の優劣になります。

麻雀とは切っても切れない期待値について、まったく何のことか分からない方が、考え方だけでも理解できればと思います。

私自身は、統計部の会社員をしていて、統計検定2級を有していますので、信憑性はあるでしょう。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

期待値とは

期待値とは、字のとおり「期待される値」で、計算としては、リターンと発生確率の掛け算です。

ここでは、簡単な例を紹介します。

 

コインを投げて表が出たら、500円貰え、裏が出たら、100円貰えるゲームがあります。

このゲームの期待値は、

500×0.5+100×0.5=300円となります。

 

つまり、このゲームにたくさん参加すると、1回あたり、300円ずつ貰えることが期待されます。

(例えば、1000回参加後には、300,000円手元にある)

1回の選択に対する損得

先程のゲームでは、1回参加する事の期待値が、300円であることが計算されました。

 

このゲームに何度でも参加でき、参加料が、250円に設定されているとします。

仮にこのように、参加料<期待値のゲームがあれば、時間がある限り、ゲームに参加すべきです。

 

「裏が出たら損するじゃん」という意見は正解です。

目の前の1回のゲームでは損することもあります。

ただ、長い目で見ると、1回参加するごとに、50円貰える事が期待されるため、参加が得です。

(例えば、1000回参加後には、50,000円手元にある)

麻雀をしていると、「この手は絶対リーチなのに、追いかけられて高い手に振り込んだ!もしかして、リーチしない方が良かった!?」

というシーンがかなりあります。

これは、例におけるコインの裏が出たシーンです。

 

数回の結果からは何も分かりません。

あくまで、打ちスジを見直すチャンス程度に考えて、不安があれば勉強するようにしましょう。

コインの裏が出る度に、スタイルを変えては上達しませんからね。

麻雀における期待値

平場の手組

スピードや打点に制約がない場合は、手牌に着目した期待値を考えます。

つまり、打点(リターン)×アガり率(発生確率)が大きい手を目指すべきです。

なので、ただ早いだけ(最序盤に鳴いて1000点)、ただ打点が高いだけ(遠いところから役満を狙う)、という手は狙うべきではありません。

逆に、ちょっとの遠回り(発生確率の低下)でも、打点が大きく上がる(リターンの上昇)のであれば、その手順を選択するべきでしょう。

オーラス(ラス前)判断

オーラスやラス前の場合は、最終得点に着目した期待値を考えます。(ネット麻雀なら、段位ポイント)

 

自分の数々の選択が、得点期待値にどう影響するか、よく考える必要があります。

例えば、オーラスのリーチ判断として、次のことを比較します。

・アガり確率×アガった時の最終得点

・追っかけに振り込む確率×振り込んだ時の最終得点

 

それぞれの確率は明確にはならないので、打数を重ねて、発生確率の感覚を磨きましょう。

おわりに

ここでは、期待値の考え方について述べました。

「期待値は、リターンと発生確率の掛け算」

と言うことだけでも理解できれば、麻雀のゲーム性の理解が深まります。

 

麻雀のゲーム性を理解して、強い打ち手を目指しましょう。

それでは、最後までありがとうございました!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
指南
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました