麻雀は打つだけでも上達できる部分がある

「麻雀は打つだけじゃ強くならない」という考えがある。

これは明らかに正しい。

強くなりたいという目標があるのなら、対局は検証の場として、改善を繰り返さなければ、成長は見込めない。

 

ただし、初~中級者は鵜呑みにしてはいけない。

検討や改善など、難しい事は考えずに、打つだけでも強くなれる部分はあると考える。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

発生確率を感覚で覚える

麻雀は期待値のゲームで、発生確率を把握することは最重要だ。

 

ただ、発生確率は明確には把握出来ない。

牌姿だけに着目した計算は出来ても、他のプレイヤーの捨て牌や動向まで考えると、計算することは不可能になる。

そこで大事なのが自身の「感覚」だ。

 

相手の仕掛けはテンパイしているのか?

リーチした時としない時のアガリ率の違いは?

どの待ちがアガれそうか?

 

などなど、感覚として培う必要がある。

土台は座学などで学ぶとして、実践的な感覚は、打つだけでも身に付き、強くなる1つの要因となるだろう。

image

 

この「感覚」は、プレイヤーによって異なる。

何切るで意見が割れるのは、そのためだろう。

 

「常識は18歳までに身に付けた偏見のコレクション」

というアインシュタインの名言がある。

麻雀の話に置き換えると、

「初心者の時に身に付けた偏見のコレクション」

となるだろうか。

 

他人と意見交換をする際は、両者の感覚が、偏見のコレクションであることを自覚し、どちらにも誤っている可能性があることを考慮して、柔軟な考えで挑みたい。

形に強くなる

実戦を通して、様々な牌姿を見ることになる。

その中で、受け入れが多い形や少ない形を学ぶことができるだろう。

もちろん座学でも学べることだが、座学が嫌いであれば、有効な学習方法となる。

余裕が生まれる

一言でいうと「麻雀に慣れる」という話だ。

 

初心者のうちは、自身の手だけを見るのに、いっぱいいっぱいになってしまう。

しかし、麻雀は4人(または3人)でする競技。

相手の動きにも目を向けなければならない。

 

自分の手でいっぱいいっぱいになっているなら、麻雀というゲームに慣れるまで、打ち続ける意義はあるだろう。

image

おわりに

今回は、打つだけで強化される部分を考えてみた。

逆に言うと、今回述べた内容が、ある程度クリアしていて、更に強くなりたいと思っているのであれば、振り返りや座学、意見交換など、何かしらの対応が必須だ。

 

共に上達するよう、策を練り頑張りましょう。

以上、自戒を込めた記事でした。

最後まで、ありがとうございます!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
考え方
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました