【待ちを絞る重要情報】ターツ落としに注目しよう!

相手の手出しツモ切りを覚えていられる程、麻雀の情報は少なくありません。

私自身も、ほとんど手出しツモ切りを見てはいませんが、大事な場面だけは見るようにしています。

そんな大事な場面の1つが、ターツ落としです。

今回は、そんなターツ落としに関する、お話になります。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

ターツ落としの場面

対面が4m、3mを捨ててリーチをかけています局面です。

4mが手出しだったのか、ツモ切りだったのかは、正直なところ確認していませんでした。

しかし、次巡に3mを切った際は、それは手出しであることを確認しました。

手に3mがあったのに、前巡に4mを切っているため、25m待ちのリャンメンを作らなかったことになります。

ターツ落としをした時に、25m待ちは特段悪い状況ではないため、このリーチの待ちは、25m待ちより優秀な待ちである可能性が高くなります。

ターツ落としの情報活用

対面のリーチ後に、上家が急所の7mを切ったため、それをチーしました。

対面のリーチは、25m待ちより優秀な待ちである可能性が高いため、待ちとして微妙な36pスジの3pは、比較的切り易い牌になります。

なので、チーせずに中スジの6mで降りるような局面ではないでしょう。

同じ理由で7pも通しやすいですね。

 

よく見かけるターツ落としの選択理由は、「ドラを使うターツを残すため」か、「より端っこにかかる待ちを残すため」かのどちらかです。

ですが、三色などの手役の存在と多面待ちの可能性があり、絶対に通るわけではないことは、留意しておきましょう。

 

その他、リャンメンを捨てたことより愚形待ちはほぼないことになります。

手役があっても良形を優先する人がほとんどなので、スジの牌はかなり通しやすいです。

スジになった牌は、バシバシ切ってアガりを目指しましょう!

ターツ落としの結末

対面のリーチの待ちは、58sとなっていました。

ドラが5sだったので、打点面で優先した待ちだったことになりますね。

「ドラを使うターツを残すため」か、「より端っこにかかる待ちを残すため」かのどちらかの理由でターツを優先する事がほとんどなので、今回も一般的なターツ落としでした。

まとめ

私自身、手出しツモ切りはほとんど見ていませんが、ターツ落としがあった時は見るようにしています。

ターツ落としがあった時は、その受けよりも優秀な待ちになる可能性が高いため、少なからず有用な情報になります。

普段手出しツモ切りを見ていない人も、ターツ落としがあった時だけは、チェックするようにしましょう!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
指南
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました