【ブログ】初めて健康麻雀へ行きました

雀荘に行って、知らない人と打つことは、ネット雀士にとってハードルではなく壁!

 

しかし、慣れた顔で打ってる人も、初めてはあるもの。

今回は一歩踏み出し、そんな初めてを経験してきました。

まだ、一歩が踏み出せないでいる方に、参考になれば幸いです!

ー スポンサーリンク ー

訪れた雀荘

某YouTuberが経営する健康麻雀のお店に訪れました。

Twitterを放置していたこともあり、存在を知ったのは、2021年4月上旬。

麻雀動画が目についたのをきっかけに、以前、熱心に見ていた配信者の様子を覗きに行き、存在を知りました。

数年前と変わらず、麻雀の活動をしていて安心感を感じましたね。

 

閉店のお知らせがあったのが、2021年4月下旬。5月末までの営業とのこと。

この知らせが、壁を破るきっかけになりました。

雀荘に着くと

店員に (…?) という顔で見つめられ、しばしの間。

もちろん、画像はイメージです。

 

こちらの出方を伺っているらしいので、おそらくは守備型の雀士。

「健康麻雀参加しにきました」と伝えると、店内に案内されました。

 

まずは、個人情報やアンケートを記載。

その後、ルール説明のために別の店員が現れた。

画像は完全にイメージです。

 

この声は… 例の配信者!

自分に向けて話している! す、すごい!

 

このステップでは、雀荘におけるルールやシステムを説明されます。

(私の場合は、握手会にハマる気持ちも教わりました。)

麻雀のルールを知っているなら、特に難しい説明はなかったです。

早速、闘牌開始

案内された卓には、既にお相手がいました。

「よろしくお願いします。」とご挨拶。

こっちもお客様だし、相手もお客様。お互い「楽しかった!」で終われますように。

 

この店では、全卓の中で最速でアガると景品があるらしく、記念すべき初めてのアガりは、打点ガン無視の1000点。

見事、景品(コースター)をゲット!

 

点数計算やゲーム進行は、スタッフがサポートしてくれました。

分からないことがあれば、打牌に関することでも、なんでも聞いてOK。

ピリピリしたお相手もおらず、終始和やかな雰囲気でした。

image

対局の合間に

実況者が話しかけてくれたのを良いことに、勇気を持って、先程の景品にサインをおねだり。

今、冷静になって思い返すと、実況者ではなくスタッフとして仕事中なので、ご迷惑かけたかな?と思いますが、快く、対応してくれました!

初めて知らない人と打ってみて

知らない人と打ってみて、挑戦してみて良かったなと思えました。

 

Twitterには、怖い麻雀アカウントが多く、見たくなくなって、暫くアカウントを放置してました。

今回、実際に対局してみて、温厚そうな人が多くTwitterが極めて限られた世界だと認識できました。

井の中の蛙ですね。

 

勿論、店によって雰囲気も違うんでしょうが、オンレートよりは、和やかなのかなって思います。

リアルで打ちたいけど、勇気がでない方は、健康麻雀から始めるのも、良いかもしれませんね。

それでは、最後までありがとうございました!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
ブログ
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました