【雀魂ブログ】昇段戦の緊張の1局!~気になる部分の検討~

昇段まで約100pt。

ここまで東風戦のみで来たが、半荘のトップ条件。

一発で勝負を決めるべく、金の間の半荘戦に足を踏み出した。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

闘牌開始

東1局

「親」で対局が始まった。

特に、面白い手ではなく、手なりで進む。

 

すると、下家からリーチ!

テンパイ間近ではあるものの、打点が全くなく、愚形部分もあるので、オリを選択。

ドラが1つでもあったら、安牌が増えるまで戦えたと思います。

 

というところで、下家が『ツモ!』。

満貫以上のカットインも発生せず、穏やかに親流れかな?

えー!?

 

雀魂あるある、カットイン無しのぬか喜び、ほぼ満貫。

早くも昇段から遠退きました。

東2局

先制リーチを取られるものの、すぐにテンパイ。

追っかけリーチになりました。

激闘のめくり合いの末、ツモアガり!

こういう、アガりを積み上げて、トップを目指していこ…

バシューーーン!(満貫以上確定演出)

!?

積み上げ終わったか!?

東3局~南3局

ひたすら先手を取られ、ひたすら耐え凌ぐ展開。

跳満で運を使いきった感じがある。

すんなり昇段はさせて貰えないらしい。

南4局(オーラス)

跳満のアドバンテージはかなり無くなり、2着で向かえたオーラス。アガればトップ!

幸いにも、役牌が鳴け、すぐにめくり合いに。

大乱闘。

誰がアガってもおかしくない状況で、

選ばれたのは私でした。

 

これにて、雀傑3に昇段です!

対局ありがとうございました。

検討

対面の先制リーチへの1打目。私は、6mとしました。

対面は早めに5m、7mと切って、トイツ落とし。

もちろんロンされることはありますが、14m以外のマンズは比較的通りそうに思います。

 

さらに通りそうなシャンテン維持、打2pはどうでしょう。

 

2pも選択肢の1つですが、かなり降り前提になります。

めくり合いになったら枚数が命なので、先に両面が埋まると戦えない形になるからです。

 

流局まで、まだしばらく巡目がありますので、失点が確定する「降り」の方針ではなく、比較的通る牌で勝負が出来るなら良しと考えました。

かなりの危険牌を引くか、捨て牌が2段目そこそこになったら降りる。

それくらいの感覚です。

 

以上!

最後まで、ありがとうございました!

 

▼次回の雀魂ブログ

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
ブログ雀魂
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました