【雀龍門M】無課金で雀龍門Mを楽しむ方法を解説!

雀龍門Mは、美麗な映像で麻雀が楽しめるスマートフォン向けのアプリです。

素晴らしい映像で楽しめ一方、雀龍門と言えば「課金」のイメージってありますよね?
(私自身は、課金しないと打てないイメージがありました。)

しかし、実際にプレイしてみると、課金せずに楽しめると気付きました。

本記事では、雀龍門Mを無課金で楽しむ方法を説明しています。

これから、雀龍門Mを始めるか検討している人の参考になれば嬉しい限りです。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

無課金の難点はキャラクターの入手

雀龍門Mは無課金でも十分楽しめます。

唯一、無課金の難点を挙げると、キャラクターの入手難易度が非常に高い点です。

 

無個性の初期キャラを除き、確実に入手できるのは、以下の二人です。

お姉さんは「四麻初段」、お爺さんは「三麻初段」になった時に貰えます。

このキャラが気に入るのであれば、無課金でも苦にはならないかもしれませんね。

このキャラ以外にも魅力的なキャラが居るので、どうしても欲しいキャラがいる人は、課金で狙うのもありかもしれません。

 

次に、無課金でのキャラクター入手方法について、説明していきます。

キャラクター入手方法「配布」

雀龍門Mでは、大きな節目でキャラクターの配布が行われます。

私が雀龍門Mを始めてからは、1周年記念、運営会社の20周年の時に行われました。

今後も大きな節目の際は、配布がある可能性があるので、頭の片隅に置いておきましょう。

期間限定大規模イベント

約1カ月間行われる大規模イベントの場合、報酬として期間限定キャラクターが設定されています。

毎日のログインや、コツコツと対局することが求められますが、比較的入手難易度は低いです。

イベントの進め方の記事を作成していますので、参考にしてください。

キャラクター入手方法「コイン」

欲しいキャラクターのコインを50枚集めると、キャラクターと交換することができます。

このコインは、そのキャラクターのピックアップイベントの際、ミッションをクリアすることで、10枚集まります。(初段以上が参加条件)

 

その他、段位戦で極稀に、キャラクターコイン箱(ランダムに1枚)を入手できます。

ただ、アプリ内にはいろんなキャラクターが居るため、欲しいキャラのコインをピンポイントで50枚集めることは、かなりの長期計画となることは、覚悟しないといけません。

キャラクター入手方法「ミッション」

キャラクターピックアップイベント期間中、1位を30回取ることで、ランダムにキャラクターが貰える龍箱を入手できます。(初段以上が参加条件)

こちらのミッションは、最高難度の位置付けです。

2週間で100戦近い対局が必要になるので、社会人の自由時間ではとても厳しいですね。

無課金でプレイする3ステップ

ここまで、無課金でのキャラクターの入手方法を説明してきました。

キャラクターの入手は一苦労ですが、プレイ自体は楽しめます。

この章では、プレイを楽しむためのステップをご紹介します。

 

なお、雀龍門Mにおいては、3つの卓ランクがあり、初級卓は無料で楽しめます。

ただ、雀龍門Mが面白くなるのは、初級卓ではなく中級卓からです。

中級卓以上でプレイすると、イベントミッションに参加できたり、使用キャラのアイテム収集ができたりと、楽しさは何倍にもなります。

そのため、雀龍門Mの面白さは、中級卓以上にあると言えます。

従って、本章では、中級卓以上を無課金でプレイできる方法を説明します。

ステップ①:1日1枚貰える無料チケットを使う

雀龍門Mでは、ログインボーナスとして対局無料チケットが1枚貰えます。

通常、アプリ内通過のゴールド(または龍宝)を60ゴールド使うことで、対局に参加できまが、このチケットで、無料で対局できます。

注意点として、ログインで貰えるチケットの有効期限は1日です。

このチケットを使って、1日1回対局するようにしましょう。

ステップ②:対局を通してゴールドを獲得する

雀龍門Mでは、トップを取るとゴールドが貰えます。

こちらは、終局時の素点が多いと、貰えるゴールドも多くなります。

素点がゴールドに影響するため、「素点の多い2着」でも数ゴールドが貰えることがあります。

しかし、「素点の多い2着」で貰えるゴールドは雀の涙なので、トップを意識しましょう。

 

また、終局までに一点読みを成功させると、10ゴールドが貰えます。

一点読みをチャレンジするデメリットはないので、積極的に当てにいきましょう。

 

加えて、ラス以外の順位を獲得すると、龍箱を獲得できます。

この龍箱からは、10ゴールドが良く出るため、ゴールドの加算に繋がります。

このように、チケットを使って無料で対局しつつ、ゴールド獲得を狙うことで、ゴールドは次第に貯まっていきます。

ステップ③:貯めたゴールドで楽しくプレイ

これまでのステップをコツコツ継続することで、ゴールドが貯まっていきます。

私の場合は、無課金ながら、ゴールドは3000枚後半になっています。

ここまで来ると、1日1対局をベースにしつつ、沢山打ちたい時は、貯まったゴールドを消費してプレイするといった遊び方が可能となります。

ここまでのステップが煩わしく感じ、かつ、雀龍門Mで遊びたいのであれば、課金して遊ぶことになりそうです。

まとめ

雀龍門Mは、キャラクターの入手難易度が高いことを除けば、無料でも十分楽しめるアプリです。

ただし、これまで説明したステップが煩わしく感じる場合は、課金が必要になります。

ご自身のお財布と相談して、楽しんでみてください。

 

私自身は、無料時代の雀龍門で麻雀を覚えたため、雀龍門の雰囲気はとても良く感じます。

プレイヤー人口が増えて、雀龍門の時代が来たら嬉しいですね。

▼Google Play

▼App Store

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
雀龍門M
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました