【雀龍門M】ついに発見した一点読みのメリットを解説!

雀龍門Mには、変わった機能「一点読み」があります。

当初は、一点読みの意義が分かりませんでしたが、意外なメリットを発見しました!

「一点読み」を使わないと、かなり損をするので、是非、確認してみてください。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

一点読み機能

機能概要

相手がどの牌で待っているかを予測する、雀龍門Mのお楽しみ機能です。

相手がアガった際や、流局時に相手がテンパイしていた際に判定されます。

リーチを受けると、ただ降りるだけになりがちな麻雀ですが、この機能により、降りるのも楽しくなりますね。

また、何待ちかを常に意識することになるので、雀力の向上にもつながります。

一点読みをすることのデメリットは特にないので、積極的に当てにいきましょう。

設定方法

画面の左側に「一点読」のボタンがあり、タップすると牌を選択することができます。

牌を選択後、再び「一点読」ボタンを押すと、設定が完了します。

なお、数秒経過すると、牌を選び直すことができます。待ちが否定されたら、選び直しましょう。

設定のし忘れを防ぐために、局が開始したら、とりあえず何か設定しておくことをおすすめします!

一点読みのメリット

ゴールドが貰える

初めて一点読みが当たった時は、衝撃を受けました。

なんと、アプリ内通貨のゴールドが貰えます。

貰えるゴールドは「10ゴールド」固定で、1回の対局で2回成功した場合も「10ゴールド」でした。

なお、一点読みを成功させた状態でラスを引いても10ゴールドを獲得できましたので、順位による条件は無いようです。

 

デメリットなく、ゴールドを得るチャンスがあるということなので、対局時は必ず「一点読み」をするようにしましょう。

肩書きが貰える

一点読みを100回成功すると、「心眼」の肩書きがもらえます。

ゴールドと比較すると、おまけのようにも感じますが、かっこいい肩書きなので、ゲットを目指してみてもいいですね。

まとめ

何気なく一点読みの機能を使ってみたら、意外なメリットを発見できました。

デメリットなく、ゴールドがもらえるチャンスなので、積極的に活用しましょう。

▼Google Play

▼App Store

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
雀龍門M
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました