【雀魂】無課金プレイヤーのためのキャラクター入手方法を解説!

雀魂には、個性豊かなキャラクターやコラボキャラが存在しています。

そのキャラクターを操作して麻雀が打てるので、好きなキャラクターを手に入れると、モチベーションも上がることでしょう。

 

このキャラクターについて、無課金だと手に入らないと思っている人も居るようです。

確かに、無課金だと好きなキャラを手に入れる難易度は高いですが、決して出来ないことではありません。

今回は、無課金でキャラクターを手に入れるためのステップを解説します。

無課金ではキャラクターを入手できないと思っていた方は、是非参考にしてください!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

キャラクターはガチャで手に入れる

課金・無課金問わず、キャラクターはガチャである「祈願」から手に入れることが出来ます。

キャラクターの排出確率は「5%」なので、引けるまでトライしましょう!

 

ガチャの天井として、150回祈願すると、キャラクターを選んで入手するとこが出来ます。

ただ、無課金だと少々先の長い話になるので、ガチャで手に入れる事を考えましょう。

それでは、ガチャを引くための方法を、ステップを踏んで説明していきます。

ステップ①:「贈り物」を集める

ガチャを引くための最初のステップとして、まずは、贈り物を集める必要があります。

雀魂では、贈り物を入手できるシーンがいくつかありますので、コツコツ集めていきましょう。

報酬として入手する

対局が終わると、順位に応じて、宝箱のゲージが貯まっていきます。

このゲージが最大に達すると、報酬が得られ、ゲージは最小に戻ります。

宝箱の中身には、「宝玉」と「贈り物」があり、運が良ければ、贈り物を2つ手に入れることが出来ます。

また、ハートがMAXの雀士を使うと、ハートゲージも貯まっていきます。

このハートゲージが最大に達した時にも、ハートの贈り物を手に入れるとこが出来ます。
(その際、ハートゲージは最小に戻ります。)

雑貨屋から入手する

雑貨屋の「雑貨」コーナーは、毎日6時に更新され、1日に緑色の贈り物16個、青色の贈り物4個まで購入することが出来ます。

青色の贈り物は、緑色の5倍のコインを要しますが、ガチャ効率も5倍優れているので、どちらの贈り物でも効率は変わりません。

 

雑貨屋での贈り物購入は、大量のコインを消費するため、買いすぎは非推奨です。

たくさん打ちたいときに、たくさん打てるように、コインはある程度持っておきたいですからね。

イベントで入手する

雀魂では、定期的にイベントが行われています。

イベントをこなしていくと、贈り物がランダムで入っている「福袋」を入手できます。

イベント期間中は積極的に対局を行い、報酬を手に入れるようにしましょう。

ステップ②:「星のかけら」に変換する

贈り物を手に入れたら、星のかけらに変換しましょう。

「倉庫」を開き、贈り物のページへ移動します。

倉庫の贈り物のページでは、贈り物を「奉納」することが出来ます。

この「奉納」によって、贈り物を星のかけらに変換出来ます。

緑色の贈り物は、星のかけら1個
青色の贈り物は、星のかけら5個
紫色の贈り物は、星のかけら25個 に変換可能です。

この「星のかけら」を50個集めましょう。

ステップ③:「祈願の巻物」と交換する

前のステップまでで貯めた星のかけら50個を、祈願の巻物と交換します。

雑貨屋の「福袋小屋」のコーナーへ移動しましょう。

ここで、星のかけら50個と祈願の巻物を交換出来ます。

 

この交換は、月に5回までしか行うことができません。

ただ、無課金だと、5回も交換できるほど、星のかけらは貯まりませんので、気にする必要はありません。

ステップ④:「祈願」でガチャを引く

ここまでのステップで、ガチャを引くための準備は整いました。

ホーム画面の「祈願」から、ガチャを引きましょう!

祈願の巻物によるガチャは、期間限定コラボガチャでも引くことが出来ます。

来るべきコラボに向けて、祈願の巻物を貯めるも良し、常設キャラを狙うも良し、計画を立てて使いましょう!

 

なお、祈願の巻物を10枚集めても、10回祈願をすることはできません。

単発のガチャしか出来ませんので、無理に貯めずに、好きなタイミングで使いましょう。

まとめ

ここまで、無課金でガチャを引くためのステップを説明してきました。

無課金ガチャのステップは、次のとおりです。

①贈り物を集める
②星のかけらに変換する
③祈願の巻物と交換する
④ガチャを引く

お気に入りのキャラクターを手に入れて、楽しい雀魂ライフを送りましょう!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
雀魂
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました