【雀魂】雀聖必見!魂天になるには玉の間が良い理由とは?

どの卓で打とうか…

雀魂では、初期の段位を除くと、2種類の卓のどちらかで打つことが出来ます。

ランクが上の卓で打つと、対戦相手は強くなりますが、その分、勝ったときに貰えるポイントも多くなります。

基本的には、好きな卓で打てば良いのですが、「雀聖」においては、「玉の間」を打つのが推奨となります。

今回は、そんな卓選択とポイントの話をしようと思います。

なお、各ポイントの記載は、「4人打ち」の「半荘戦」のものを使用している点は、ご留意ください。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

ポイント配分

各卓ごとの1着~3着のポイント配分は決まっており、4着の時のポイントだけ、自分の段位によって決まります。

1着~3着のウマ込みの順位ポイントは以下のとおりになります。

このポイントに、25000点からの素点の増減が、1000点ごとに1ポイントだけ加減されます。

 

4着の時の順位ポイントは、自身のプロフィールの右上をクリックすると見ることが出来ます。

一番右の列が、東風と半荘の4着時に失うポイントです。

ただし、雀魂にはウマがあるため、更に15ポイントマイナスした値が、実際に失う順位ポイントになります。

雀聖2の半荘ならマイナス240、雀聖3の半荘ならマイナス255ですね。

ポイントの増え方

失うポイントは段位によるため、卓の選択からは影響を受けません。

1着、2着のポイントが、卓が上がると何倍になるか見てみましょう。

銅→銀の間が、1.571倍でした。銅の間で真面目に打ってる人はいないので(偏見)、これくらい上がっても良いかもしれませんね。

銀→金の間が、1.727倍でした。金の間になると回線切りも減って、手強くなるので、ここで大きく上がるのは分かる気がします。

金→玉の間が、1.316倍でした。銀の間と金の間ほどの差はないと思うので、納得です。

玉→王座の間が、1.080倍でした。意味不明の伸びなさです。雀魂一の強者が集まる卓で打つのに、これでは旨味はないですね。

ポイントの期待値

雀魂の金の間以上のデータは、牌譜屋さんで確認することが出来ます。

こちらで、玉の間と王座の間における、順位の割合が確認できます。

その順位割合とポイント配分から、順位ポイントの期待値を算出してみました。(とりあえず、雀聖2と雀聖3だけ。)

王座の間の対戦相手が強い割に、勝った時に順位ポイントが貰えないため、いずれも「玉の間で打つ方が良い」という結果になりました。

ちなみに、雀聖1でも同じ傾向です。

王座の間のポイント配分は、設定ミスを疑うレベルです。魂天を目指すのであれば、雀聖になっても「玉の間」で打ちましょう。

まとめ

王座の間のポイント配分は、対戦相手を考えると、あまりにも厳しい配分です。

魂天を目指すのであれば、雀聖になっても「玉の間」で打つようにしましょう。

 

ただし、王座の間では、強くて有名なプレイヤーが打っていることもあり、同卓することも出来るかもしれません。

強い人・有名な人と打ちたい人は、王座の間へ。

魂天になりたい人は、玉の間へ。

そういう住み分けが出来そうですね!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
雀魂
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました