麻雀の魅力や面白さを考えてみた

麻雀の面白さに気付きだしている人は少なくない。

近年、Mリーグの盛り上がりもあり、麻雀に興味を持つ人が増えてきている。

最近、麻雀のことを知った方にとっては、何が面白いのか気になるところだと思う。

今回は、そんな麻雀の面白さについて振り返ってみた。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

高揚感が得られる面白さ

特に、麻雀を始めた初期頃に強く現れる感覚。

麻雀というゲームは運要素が強く、勝つのか負けるのか、先が全く読めない。

このドキドキ感、ワクワク感は、スポーツの観戦に近いものがある。

 

応援している野球チームの

「入るか!?入るか!?入ったー!ホームラン!!」

 

応援しているサッカーチームの

「華麗なドリブルだ!どうだ!?ゴール!!」

 

麻雀の

「アガれるか!?アガれるか!?来た!ツモ!!」

 

この高揚感がクセになり、ついつい麻雀にハマってしまう人は多いだろう。

麻雀が上手くなる面白さ

麻雀は競技としての面白さもある。

運要素の強いゲームではあるが、何回も戦っていると、強い人が必ず良い成績になる。

 

ただの運のゲームであれば、前述の高揚感だけのゲームで、面白くはない。

技術の優劣を競う要素があることで、向上心を刺激して、今日も麻雀を打ってしまう。

 

また、ネット麻雀の場合は、段位制度があり、自分のランクを他人のランクと比べることが出来る。

他人より強くなることで、自己肯定感が得られ、承認欲求も満たされる。

 

先の読めない運ゲームの面白さ、その裏にある、競技としての面白さ、これら2つが重なり、麻雀を魅力的にしている。

コミュニケーションツール

麻雀には、コミュニケーションツールの一面がある。

休日に、友人とゴルフに行く人がいるように、麻雀を嗜む人もいる。

種目は違えど、交流を深めるツールだ。

私自身、義父と唯一遊べるのが、この「麻雀」である。

おわりに

細々とネット麻雀に触れて、10年。改めて、麻雀の面白さや魅力を考えてみた。

今回の記事を読んで、面白そうに思った方は、麻雀を始めてみませんか?

きっとその面白さに気づけると思います。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
考え方
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました