【放銃率を下げる知識】牌の安全度を丁寧解説!

牌の安全度を理解すると、放銃率を下げることができます。

麻雀は4人で行う競技のため、4回に3回はアガれずに、降りることが多いです。

今回は、この麻雀の大きな要因を占めている「降り」について、
必要な知識を解説しようと思います。

この記事を読み終わった時には、きちんと綺麗に降りれるようになり、
放銃率が下げられていることでしょう!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

待ちに関する前提知識

安全度の比較をする前に、まずは前提となる知識についておさらいします。

基礎的な知識となりますので、適宜、読み飛ばしてもらえればと思います。

待ちのパターン

アガりを待つときには、いくつかパターンがあります。

複合しているパターンもありますが、ここでは基本的な待ちだけ紹介します。

リャンメン待ち

画像のように、6-9mのどちらでもアガれるような待ちです。

リャンメン待ちには、各数牌ごとに、1-4、2-5、3-6、4-7、5-8、6-9待ちがあります。

カンチャン待ち

画像のように、8mでアガれるような待ちです。

カンチャン待ちには、各数牌ごとに、2~8の待ちがあります。

ペンチャン待ち

画像のように、7mでアガれるような待ちです。

ペンチャン待ちには、各数牌ごとに、3か7の待ちがあります。

シャンポン待ち

画像のように、1mか9mでアガれるような待ちです。

シャンポン待ちには、全ての牌が待ちの候補になり得ます。

別名、「シャボ待ち」「バッタ」と呼ばれることもあります。

単騎待ち

画像のように、1mでアガれるような待ちです。(1mを切ると東待ちに変更できます。)

単騎待ちには、全ての牌が待ちの候補になり得ます。

リーチの半分以上は好形

リーチの半分以上は好形です。特に、序盤以外のリーチは、その傾向が高くなります。

好形を目指して手牌を整えながら進めていくため、
テンパイまでたどり着くころには、好形になっていることがあるためです。

テンパイ即リーを軸とする私でさえ、執筆時のリーチ好形率は7割です。

待ちの形にこだわりを持つプレイヤーであれば、更に高い確率となるでしょう。

 

このことより、スジになっている牌は比較的安全と言えます。(細かい比較は後述)

スジになっている牌とは、以下のような牌を指します。

・「4」が切られている時の「1」や「7」
・「5」が切られている時の「2」や「8」
・「6」が切られている時の「3」や「9」
・「1」「7」両方が切られている時の「4」
・「2」「8」両方が切られている時の「5」
・「3」「9」両方が切られている時の「6」

安全度を理解して放銃率を下げる

ここからは本題の、放銃率を下げるための安全度についての解説です。

牌の安全度は、いくつの待ちのパターンに該当するかで比較することができます。

手役が絡む場合は、関連牌の危険度が上がりますが、
ここではそれを考慮せずに、基本的な比較結果を理解するようにしましょう!

安全度高:字牌とスジの1・9

字牌とスジになっている1・9は、かなり安全な牌です。

振り込む待ちのパターンは、
「シャンポン待ち」「単騎待ち」の2つです。

安全度中:スジの2・4・5・6・8

スジになっている2・4・5・6・8は、まずまず安全な牌です。

振り込む待ちのパターンは、
「カンチャン待ち」「シャンポン待ち」「単騎待ち」の3つです。

安全度中:スジの3・7

スジになっている3・7も、まずまず安全な牌です。

振り込む待ちのパターンは、
「ペンチャン待ち」「カンチャン待ち」「シャンポン待ち」「単騎待ち」の4つです。

ペンチャン待ちが追加となっている分、
「スジになっている2・4・5・6・8」よりは、注意が必要です。

安全度低:無スジの数牌

前述のとおり、リーチの多くは好形となるため、無スジは危険になります。

特に、2つのスジが生きている時の4・5・6は、一番危険な牌です。

例えば「4」は、1-4待ちにも4-7待ちにも放銃となる危険な牌です。

 

上記以外の1・2・3・7・8・9の比較は、前項までの話と同様に、
端っこに近い牌の方が、待ちのパターンが少ない分、安全と言えます。

全く安全牌がない時に数牌で降りなければいけない場合は、
端っこの「1」「9」から切るようにしましょう。

 

最後に、勘違いしやすい無スジの安全度比較について補足します。

「1」が切られている時に、「4」か「7」を切りたい場合は、
ペンチャンに放銃しない分、「4」の方が安全です。

意識しておかないと、端っこの「7」を選んでしまうので、
必ず、放銃するパターンを理解するようにしましょう。

まとめ

これまで、放銃率を下げるための安全度について比較してきました。

牌の安全度については、次のとおりです。

安全度
 高:字牌とスジの1・9
 中:スジの2・4・5・6・8
 中:スジの3・7
 低:無スジの数牌

上記のとおり、3・7については、ペンチャン待ちのパターンがある分、
危険度が上がっている点は、注意するようにしましょう。

 

捨て牌から更に安全度を考えたり、役を予想したりと、
安全度に関する考察は対局中も大忙しです。

今回解説した基本的な安全度知識をプレイ中に応用して、
きちんと降り、放銃率を下げるようにしましょう!

 

▼放銃率のまとめ

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
指南
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました