【麻雀】放銃率を徹底解説!【まとめ】

放銃率は、麻雀における成績指標です。

この指標は、自分がどの程度、ロンされているかを表しています。

本記事では、麻雀の放銃率を幅広く学ぶために、各詳細記事を一覧としてまとめました。

自分に不足している知識を学ぶ場として、是非、参考にしてくださいね!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

放銃率の算出方法と目安

放銃率は、(放銃した局数)÷(総局数)×100で算出される指標です。

また、その目安は、(和了率)-(放銃率) が10を超えることが通説です。

以下の記事では、例を挙げて具体的に解説しています。

 

▼【基礎知識】放銃率の算出方法と目安を解説!

放銃率の考え方

放銃率は、低ければ良いものと誤解されがちです。

しかし、放銃率はリスクの指標であるため、低すぎるのも問題があります。

正しく放銃率を理解するために、以下の記事で解説しています。

 

▼【放銃率はリスク指標】勘違いしてはいけない放銃率の考え方

放銃率を下げる

放銃率を下げるためには、牌の安全度を理解する必要があります。

相手に対して降りる時に、この知識がないと、無駄に放銃率を上げてしまします。

以下の記事では、放銃率を下げる基礎となる、牌の安全度を解説しています。

 

▼【放銃率を下げる知識】牌の安全度を丁寧解説!

放銃率を適正にする

適正な放銃率にするためには、適切な押し引きが重要です。

放銃率は、高すぎても低すぎても、麻雀で勝つことはできません。

以下の記事では、リーチと副露(鳴き)に対する押し引きを解説しています。

 

▼リーチに対する押し引きを解説!【放銃率を適正値へ】

▼副露に対する押し引きを解説!【放銃率を適正値へ】

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
指南
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました