麻雀の基本はテンパイ即リーであることを理解しよう!

麻雀対局をしていると、リーチをせずに、ダマを選択するプレイヤーをよく見かける。

リーチにはメリットがある反面、デメリットも存在する。そのため、使い分けが必要である。

 

ただし、大抵の場合はリーチが得である。

今回は、そんなリーチについて考えたいと思う。

ついついダマにしてしまう人は、今回の話を参考にしてもらいたい。

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

打点上昇は容易である

麻雀は期待値のゲームである。

その期待値は、打点×アガり率で計算できる。

 

考えれば分かるとおり、アガり率を上げるより、打点を上げる方が容易だ。

ダマにしたからと言って、アガり率が2倍、3倍となることは稀だが、リーチをすれば、打点は平気で、2倍、3倍になり得る。

アガり率は極端には下がらない

リーチをすることで、ロンできる確率は下がるが、他家が降りるため、ツモできる確率は上がる。

つまり、トータルアガり率は極端には下がらない。

(もちろん、待ち牌にもよるが)

 

これまでの話からも分かるように、高い期待値(打点×アガり率)を求める麻雀では、テンパイ即リーが基本と考えるべきである。

ダマには明確な理由が必要である

テンパイ即リーが麻雀の基本なので、リーチをすることに理由は必要ない。

一方で、ダマを選択する場合は、選択するための明確な理由が必要である。

 

・手替わりが豊富

・打点が十分

・振り込みが許されない

などなど、ダマの理由は今後学ぶとして、今、自分の手をダマにする理由は説明できるだろうか。

リーチを基本として、明確な理由があればダマにする。この順番が逆になってはいけない。

おわりに

ここまでお話ししたとおり、ダマを選択する場合は明確な理由が必要である。

つまり、ダマは上級者向けの選択だ。

麻雀に自信がなく、ダマにする理由が思い付かないのなら、積極的にリーチするようにしてほしい。

 

▼慣れてきたら読んでほしい!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
指南
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました