【雀魂ブログ】雀豪3降段戦~ねばりの是非~

前回の降段回避以降、一時、約1600ptまで回復したポイントは今、
『97pt』にまで失われていた。

暴騰・暴落を繰り返すポイントに、耐えることはできるのか!?

 

▼前回の雀魂ブログ

ー スポンサーリンク ー

闘牌開始!

チェックポイント1

意気揚々と始まった東1局。

上家の親リーチ中に、最後の2pをチー!(打北)

1pと北だけでは、流局までに結局4mを切ることになるので、
加点の可能性を残して、形式テンパイへ向かいます!

危険牌を持ってきたら4mを切りますが、
それで放銃なら、チーしてなくても詰んでたという考えです。

2500点得しました!まずまずの出だしです。

チェックポイント2

局は進んで、東3局。

ポンポンロンできる簡単な手を頂きました。

毎回こういう手をお願いします。

 

対面に怪しい、ソーズを持ってきました。

ここでは、安牌気味に持っていた2pを手放します。

「白」が対面と持ち持ちかもしれないので、感触良くないですね。

 

と思っていたら、次巡、上家が白を出してくれました!

「ポン!」

打8s

 

「ロン!」

ドラの5sだけがない清一色に放銃。満貫は助かった…

自分が5200点良形テンパイなので、やむなし。

 

その後、他のプレイヤーがツモツモして、
自分だけはアガれない展開に。

オーラス

供託のリーチ棒があり、1000点ツモ直でラス回避できます!

しかし、重そうな手牌。

そんな中、巡目が進み、上家から絶望のリーチが!

ここから、タンヤオに向かいます!

 

終局間際に、なんとかテンパイ!

うっかり4mをツモれば、ラス回避です!

 

振り返り

最後、6m押して放銃した場面ですが、
下家が降りている様子なので、流局しても次局があります。

なので、ここでは中スジの5p切りにして、
流局と次局に掛ける選択があったかなと思います。

下家にもう少し注目しておくべきでしたね。

おわりに

降段ギリギリから立て直して昇段に向かうより、
一旦降段して、下の段位から昇段する方が、効率は良いんですよね。

悔しいので、わざと降段することは私はしないですが、
降段したら「逆にツイてる!?」って心持ちにもなれます。

不調を引いたら誰でも降段するので、気持ちを新たに上へ向かいます!

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
ブログ雀魂
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました