【雀魂ブログ】雀聖1降段戦~一打の重み~

前回、降段圏を脱したのも束の間、
連ラスの末、再び、降段戦へと突入した。

残り『42pt』の絶望的状況を跳ね除けることは出来るのか!?

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー

闘牌開始!

東1局から場が動きました。上家の役牌ドラポンです。

せっかくの親番でしたが、愚形だけの2シャンテンでは厳しい…

この手からの放銃はリターンに見合わないので、降り気味に打ちます。

上家が9mをポンした後、更に4s手出し!

シャンポン部分が厳しく、テンパイまでに6pも9sも切らなければならないため、
この9sで降りを決意しました。

 

その後しばらくして、流局!

対面も押していたので、2人テンパイかもしれないなぁ…

 

 

その後、小さなアガりを繰り返して東4局になりました。

下家、上家が立て続けにリーチ!

どうしようもないので、3巡しのげる2sを祈りながら選択。

これを無事に通すことができました。

これで3巡しのげます!

やや不穏な空気が出てきました。

 

次局、南1局親番。

8sを持ってきての「東、赤、ドラ」の5800点が理想でしょうか。

 

「タンヤオ、三色、赤、ドラだ!」

この一打、あまりにも大きなミスです。

これでは、アガりに結び付く牌が、5m6m6sの「7枚」しかありません。

一方で、6mを切れば、4m5m7m6s東の「14枚」。倍も違います。

 

結果、このミスから5800点のアガりを逃し、7700点の放銃に回りました。

一打のミスがあまりにも痛い…

 

結局、その後もこの失点を取り返せないまま終局。

ついに、降段となりました。無念…

おわりに

以上、3連ラスで華々しく散り、降段となりました。

原点付近から、1カ月で3200ptを失う不調でしたね。

ですが、麻雀はこれくらい下にも上にもブレるもの。

さっそく、次の好調を探しに行ってきます!

 

3回に渡る降段戦記事をご覧いただき、ありがとうございました!

▼次回の雀魂ブログ

ー スポンサーリンク ー
ー スポンサーリンク ー
ブログ雀魂
蛙の麻雀 -Road of the King-

コメント

タイトルとURLをコピーしました